「掻き落とし」とベルベット下絵の具で作る椿絵皿とその陶芸技法

ベルベット掻き落とし絵皿

陶芸には様々な技法がありますが、「掻き落とし」は私の好きな技法のひとつです。

「掻き落とし」は、色の土(たとえば赤土や黒泥など)に白化粧をかけ、鉄筆やヘラで引っ掻いて模様をつける技法です。

白化粧の下の色土が現れて、くっきりした模様が現れます。

スポンサーリンク
目次

絵の具や釉薬の着色で華やかな「掻き落とし」

そのままでも良いのですが、私はよく掻き落とした線を縁取りのように使って、陶芸用の絵の具で色をつけて華やかにします。

織部の緑を葉っぱに使ったり、釉薬を絵の具のように使うこともあります。

絵の具だけだと、下手をすると塗り絵のようにのっぺりしますが、釉薬だと雰囲気が出るので、私は好きです。

ただ、釉薬ですから、流れたり滲んだりしやすいという欠点もあります。

自分流・椿模様の絵皿の作り方

「掻き落とし」で8寸(直径約24cm)の椿の絵皿を作りましたので、作り方とともに、ご紹介したいと思います。

1.ろくろでひく

赤土で直径30センチの皿をろくろで挽く。乾燥、素焼き、焼成で縮んで、直径24〜25センチくらいになります。

2.白化粧を吹きかける

乾燥後に高台を削って、表に白化粧を吹きかけます。

テカテカしない程度に乾いたら、また吹きかけ、適度な厚みになるまで吹きます。

ドライヤーで乾かしながら吹いても良いです。

ズブがけでも良いのでしょうが、化粧がけで土が崩れることもあるので、吹きかけにしています。

しかし、このくらいの大きさになると、ホッペが痛くなる!

コンプレッサーが欲しいです!

3.下絵を描く

数時間置くか、ビニールに包んで数日乾燥させ、白化粧が程よく乾いたら下絵を描きます。

この時、鉛筆で書くと後が残ることがあるので、私は100均の筆ペンで書いています。

バランスを見るために、椿の型紙を作って、位置を見ながらなぞっていきます。

4.鉄筆で掻き落とす

下書きが完成したら、鉄筆で掻き落とします。

5.素焼きする

掻き落としが終わったら素焼きします。

6.マスキングし、瑠璃釉を吹きかける

素焼きが終わったら、花や葉の部分をマスキングし、瑠璃釉を吹きかけます。

7.釉薬で着色

マスキングテープを剥がして絵の具や釉薬で着色します。

花はヒューステンのベルベット下絵の具、葉の部分は織部釉を使っています。

8.透明釉を吹きかけ

着色が終わったら、表に透明釉を吹きかけ。

絵の具は釉薬をはじくので、その部分は重ねて吹きかけます。

9.裏は、瑠璃釉を吹きかけ

裏は、瑠璃釉を吹きかけ、黒釉を重ねて、グラデーションを狙いました。

10.酸化焼成

酸化焼成で本焼きして完成です。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる